兵庫県たつの市 糖尿病 循環器病 人工透析

ホーム  >  診療科・部門  >  人工透析

人工透析

特徴

人工透析室

龍野中央病院透析室では高い水質管理を行い、安全性に細心の注意を払い業務に取り組んでいます。
医師の指示の元、リハビリテーション等と連携し合併症の対応も行っています。
私たちはすべての患者様に安全性と愛情を持った透析医療を提供いたします。

概要

腎臓の働きを代替する治療のひとつである透析治療を行っています。
体外に血液を導き出し、ダイアライザーと呼ばれる人工腎臓の透析膜を介して、拡散やろ過のしくみを用いて、血液と透析液の間で物質(毒素)や水分を移動させ、血液をきれいにする血液透析を行っています。
当院では血管撮影装置を導入しており、シャントの穿刺部狭窄や吻合部狭窄、血栓閉塞などのシャントトラブルにも対応しています。
保存期腎疾患の患者様への治療・管理・指導を行っています。透析患者様は筋力が低下することも多く、そのような方へのリハビリ介入も積極的に行っています。
栄養状態も懸念されるため、栄養士からの栄養指導や食事の提供も行っています。
動きの不自由な患者様に対する送迎サービスや入院透析も実施していますのでご相談ください。

病床数

15床

透析日

月・水・金 2クール(8:30~17:30)
火・木・土 1クール(8:30~12:30)
※当院では、夜間透析は行っておりません。
※お食事の提供、送迎も行っています。

主なスタッフ紹介

吉本 元明

役職
医療技術部長
専門分野・資格
吉本 元明