ƒ 先輩の声|求人情報|龍野中央病院

ホーム  >  求人情報  >  先輩の声

先輩の声

看護部

内海 弘美

一般病棟 平成21年入職

2人目出産後、小さな子供を育てながらの勤務に不安もありましたが、16時までという短時間の勤務で就職しました。その後も妊娠・出産を経て働いていますが、子供の行事や体調不良といった場合にも休みやすく働きやすい環境です。病棟では眼科の白内障の手術の入院や心臓カテーテル検査・治療といったことに関わっています。
新しく学んでいく事は大変ですが、スタッフみんなで勉強会を開いて共通理解を深め、より良い看護を目指しています。

内海 弘美

山手 亜美

一般病棟 平成31年入職

上の子が小学校に入学するのを機に、通勤時間の短縮を理由にこちらに入職させていただきました。
違う職場に変わるのはとても不安でしたが、新参者の私の意見もしっかりと反映してくださり、スタッフ皆が笑顔で仕事しているので、不安はすぐに解消されました。
看護部長が誰よりも働き者で、「私も頑張らないと!!」と思わされます。一つ一つに探究心を持ち続けて患者様に関わりたいと思っています。

戸根 佑紀

辻本 沙奈恵

一般病棟を経て現在療養病棟に勤務、平成20年入職

独身の頃から当院の一般病棟で働いましたが、育児休業期間を経て現在、療養病棟に常日勤として復帰しています。
復帰の際にも温かく迎えてもらい、復帰前に感じていた不安はなくなりました。
子供の急な体調不良の際に勤務を変更してもらうなどの病院のライフワークへの配慮があり、加えて、保育園のお迎えの時間に間に合うように業務を終了することができるなど職場のみなさんの配慮や協力もあり、育児と仕事を両立することができています。

辻本 沙奈恵

中谷 亜希

療養病棟 平成29年入職 常勤日勤

他の病院、クリニック勤務を経て当院に入職しました。今までの経験や知識を生かしながら、働くことができています。
常勤日勤で働かせてもらっているので、夜勤はしていません。定時で帰れるので、帰宅後、子供たちとの時間も作れ、夜も一緒に過ごせます。
わからないことはその都度教えていただき、少しずつ仕事も覚えてきました。当然つらいこともありますが、成長を実感しています。
スタッフ間で助け合いながら、声を掛け合って仕事をしているので、とても働きやすく、毎日が充実した気持ちで働くことができています。

中谷 亜希

栄養科

宮本 歩

管理栄養士 1年目(平成31年入職)

当院の管理栄養士として、働き始めて半年がたちます。昨年の就職活動の際に、自施設調理ならではの細やかな個人対応と、地域に寄り添った温かみのある雰囲気に惹かれ志望しました。入職したての頃は不安と緊張でいっぱいでしたが、食を通してたくさんの人を笑顔にしようと、次々と新しい事に挑戦する先輩方の一生懸命な姿を見て、次第に私も患者様のために何かできないかと考えるようになりました。当院は栄養管理や栄養指導だけでなく、行事食や地域の方を対象としたお食事会、職員を対象とした栄養イベントなど、やりたいことができる環境に恵まれており、日々感謝しながら楽しく働かせていただいています。

宮本歩

前田 香織

調理師 3年目(平成29年入職)

私が調理師として当院に入職し、2年が経ちました。以前も大量調理に携わっていましたが、当院の栄養科は若い世代の職員が多く、新しい発想や意見が飛び交う活気のある厨房で、転職後もすぐにこの空気に溶け込むことができました。一人一人の患者様に合わせた食事内容で大変な部分はありますが、管理栄養士、栄養士、調理師の3職種が連携し「患者様に、おいしく安全なお食事をお届けする」という一つの目標に向けて一丸となって調理しています。こういった環境は、十数年目の私の経験を最大限に活かすことができ、若い世代の教育にも力が入りとても楽しくやりがいを感じています。日々の調理以外にも季節ごとの行事食やお食事会、イベントなどの話し合いで、自分の意見も取り入れていただくことがあります。これまでの経験とは少し違い、新しい事にチャレンジし、前向きな姿勢で仕事に取り組むことができる素敵な職場だと思います。

前田香織

デイサービスセンター

松岡 宏樹

デイサービスセンター 平成20年入職

私がデイサービスセンターオアシスに就職して感じたことは、育児や介護など、家庭の事情にとても理解があり、残業がほとんどなく定時に業務が終了することです。そのため家族に負担をかけることが少なく、とても働きやすい職場です。 また、龍野中央病院での勉強会や、院外での研修会にも積極的に参加できるサポート体制も充実していて自分自身のスキルアップにもつながります。
大変な時もありますが、介護職員・看護師・理学療法士・生活相談員の方々に助けられ、協力し合いながら楽しく働いています。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。見学もお待ちしています。

松岡 宏樹

リハビリテーション部

松田 知也

理学療法士 2年目(平成30年入職)

私は入職前に当院を見学させていただいた際、職員同士の明るい雰囲気と勉強会やスキルアップへのサポート面に強く惹かれました。実際の職場でも仕事の内容から日常会話までコミュニケーションが絶えず、活気に溢れています。また先輩方は皆さん優しく、仕事の相談も快く受け、助けていただいています。勉強面においては、勉強会への参加のサポートだけでなく、専門分野や新人対象の院内勉強会も活発的に行われています。そのため、様々な分野を学ぶのにとてもいい環境だと感じています。
現在心臓リハビリテーションに携わらさせていただいています。学ぶことが多く、緊張感の絶えない現場ですが、その責任感と患者様の笑顔をやりがいに日々楽しくリハビリテーションを行っています。

松田知也

西脇 大将

理学療法士 6年目(平成26年入職)

私は、平成26年に当院に入職させていただきました。
訪問リハビリテーションの経験を経て現在は、通所リハビリテーションに携わっています。
地域密着を掲げ地域に信頼されるように日々、利用者様との繋がりを大切に笑顔の絶えない雰囲気の中で楽しくリハビリテーションを行っています。
利用者様一人一人の生活環境に沿ったリハビリテーションが提供できるよう日々精進しています。
当院のリハビリテーション部は、スタッフ間でのコミュニケーションが取りやすく皆で切磋琢磨しながら楽しく成長する事が出来ます。
知識や技術面に関して、勉強会や学会参加・発表等、様々な経験が出来る職場環境が整っています。
また、病院側からのサポートも備わっている為、研修会等にも積極的に参加することが出来ます。
これからも、少しでも質の高いリハビリテーションが提供できるよう日々、努力していきたいと思います。

西脇大将

西本 典昭

理学療法士 12年目(平成19年入職)

私は当院に勤めて12年目の理学療法士です。当院のリハビリテーション部の特徴は、明るく賑やかなスタッフや、向上心のあるスタッフが多いです。
見学に来られた方から質問で多いのが勉強面についてです。当院のリハビリテーション部には独自の新人教育プログラムがあり、それに沿って普段の業務を行っていくことで自身の知識やスキルアップが出来る仕組みになっています。また、月1~2回のペースで「塾」が開催されます。塾の内容は運動器疾患、脳血管疾患、内部障害と様々ですが、その分野に精通した先輩セラピストが講師となり、まだまだ経験の少ないセラピストのレベルアップに励んでいます。
もちろん院外への研修や学会参加も励行しています。新人のセラピストはまず最初に協会が定める新人教育プログラムの修了を目指します。修了後には各々の興味のある専門分野を登録し、各資格取得を目指します。当院では、そういった資格取得や自身のスキルアップなど、「頑張る職員」を支援する体制が整っています。
私自身は現在、心臓リハビリテーションに従事しています。日々緊張感のある現場ではありますが、この「たつの市」に暮らす住民の皆様の心疾患の再発予防に努めています。
これから、ますます高齢化が進む「たつの市」を元気にするために、一緒に働いてみたいという方をお待ちしています。

小坂 浩司